【サッカー人気2位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

赤鯱新報

【練習試合vsC大阪戦レポート】しっかり耐え抜き、きっちり勝利。週末を連勝した名古屋はポジティブにまた次のステップへ。「今日は、試合に来る前から勝負の試合だと思っていました」(石田凌太郎)

■練習試合
6月12日(日)名古屋 2-0 C大阪(45分×2本)
得点者:66’石田凌太郎(名古屋)87’石田凌太郎(名古屋)
———–
これもまた名古屋の一面だと感じさせた90分間だった。互いにシーズンの中でタイミングが合えば、と調整していたというC大阪との練習試合は、それぞれに主力と若手、アカデミーや練習生を交えての混成チームではあったものの、それぞれのチームカラーがしっかりと表現される興味深いゲームとなった。試合は後半に石田凌太郎が2得点を決めて名古屋が勝利したが、試合の大部分はC大阪のペースにも見えた。課題と手応えは各々にある90分間で、名古屋は次への収穫として何をつかんだのか。

(残り 5981文字/全文: 6280文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ