【サッカー人気3位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

赤鯱新報

「立ち上がり、相手があのメンバーできたということは、非常に圧力をかけてくるだろうということは予想はしていたんですが。若干入りが持っていかれたなと」【浦和vs名古屋】長谷川健太監督記者会見コメント

■明治安田生命J1リーグ 第17節
6月18日(土)浦和 3-0 名古屋(19:03KICK OFF/埼玉/28,699人)
得点者:21’アレクサンダーショルツ(浦和)23’伊藤敦樹(浦和)36’関根貴大(浦和)
———–
○長谷川健太監督
「立ち上がり、相手があのメンバーできたということは、非常に圧力をかけてくるだろうということは予想はしていたんですが。まあ、若干入りが持っていかれたなと。セットプレーから決められて、ということで、前半なかなかいい形が作れなかったので、阿部を入れてシステムを変えて。という中で少し落ち着きを取り戻して。後半も行きながらも相手のカウンターにはしっかり、何度か危ない場面はありましたが、しっかりと対応できたという意味では内容は悲観するものではなかったと思っています。今回は浦和に負けましたが、切り替えて、また次の試合に向けて準備していきたいと思います」

(残り 1647文字/全文: 2039文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ