【サッカー人気3位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

赤鯱新報

中谷進之介「ちょっと修正をしようとしていた中での失点だったので、本当にもったいなかった」阿部浩之「相手にとって楽な攻撃ばかりをしてしまった」【浦和vs名古屋】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ 第17節
6月18日(土)浦和 3-0 名古屋(19:03KICK OFF/埼玉/28,699人)
得点者:21’アレクサンダーショルツ(浦和)23’伊藤敦樹(浦和)36’関根貴大(浦和)
———–
○中谷進之介選手
Q:3失点、悔しい結果になりましたが、なぜこういう試合になってしまったが、率直に振り返ってどう感じますか。
「まあ、立ち上がりから相手のセットプレーのチャンスも多く、1失点目は致し方ないとしても、立て続けに失点してしまうのは良くないと思うし。そういう簡単な失点というか、ちょっと修正をしようとしていた中での失点だったので、本当にもったいなかったです」

(残り 1631文字/全文: 1925文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ