赤鯱新報

阿部浩之「最近あの蹴り方を練習してたので、練習の成果を出せるチャンスだったので(笑)。楽しめました」柿谷曜一朗「得点こそ少なかったですけど、前への意識はすごくみんなが共通してできていた」【名古屋vs金沢】試合後の選手コメント

■天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権3回戦
6月22日(水)名古屋 1-0 金沢(19:00KICK OFF/石川西部/2,959人)
得点者:51’阿部浩之(名古屋)
———–
○阿部浩之選手
Q:まずは勝利すること重要な試合でした。1-0ですが、良い試合だったのでは。
「勝ちが最低限だと思っているので、決定機の割には得点は少なかったですし、チャンスは増えてきたというのはポジティブな材料だと思います。最後の質、ゴール前の質というのは、やっぱりまだまだです、僕を含めて。もう少し改善というか、工夫ができれば点が入るんだと思うので。チャンスを増やす、プラス最後の質をもう少しこだわることはチームとして絶対に必要だと思います」

(残り 1839文字/全文: 2154文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ