赤鯱新報

マテウス「(PKは)まずはキーパーの届かないところに、強く蹴るというイメージで」ランゲラック「もう少し長引くかなと思っていたんですが、早期に戻ってくることができて、本当に良かったです」【名古屋vs鹿島】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ 第18節
6月26日(日)名古屋 1-1 鹿島(18:03KICK OFF/豊田ス/18,232人)
得点者:33’仲間隼斗(鹿島)52’マテウスカストロ(名古屋)
———–
○マテウス選手
Q:重要な得点を決めました。PKの場面を振り返ると?
「いつも練習しながら確認していることで、まずはキーパーの届かないところに、強く蹴るというイメージで。練習通りに蹴ることができましたし、チームの勝利に貢献したかったんですが、残念ながら勝てずに、同点という形で終わってしまいました。ただ、次の試合に向けてしっかり準備をしていきたいと思います」

(残り 1326文字/全文: 1603文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ