赤鯱新報

河面旺成「ああやって前半の形を修正しながら後半を通してできたというのは、自分たちにとってはポジティブだと思います」【名古屋vs浦和】試合後の選手コメント

■YBCルヴァンカップ 準々決勝 第1戦
8月3日(水)名古屋 1-1 浦和(19:33KICK OFF/豊田ス/6,179人)
得点者:36’松尾佑介(浦和)59’森下龍矢(名古屋)
———–
○河面旺成選手
Q:前半は特にディフェンスのはめ方などに苦労したかと思います。どういった対応を考えていたのでしょうか。
「まあ、最初は前から行ってという形でやっていたんですけど、徐々に。相手に持たれる時間が長かったので、ファーストがあまりしっかり行くことができず。そうなってくると後ろはついていけなくなったりしますし、シンプルに疲れが出てきたりというのが前半は多かったですね。守備の部分ではめられなかったというのは、守備だけじゃなくて自分たちがボールを持たないと、というところもあるので、守備だけの課題ではないと思います」

(残り 936文字/全文: 1291文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ