赤鯱新報

稲垣祥「十分に可能性のあるスコアになったと思うし、僕らにとっては、こういう形で先制されて追いついての1-1からのセカンドレグというのは、良い流れではないかなと思います」【名古屋vs浦和】試合後の選手コメント

■YBCルヴァンカップ 準々決勝 第1戦
8月3日(水)名古屋 1-1 浦和(19:33KICK OFF/豊田ス/6,179人)
得点者:36’松尾佑介(浦和)59’森下龍矢(名古屋)
———–
○稲垣祥選手
Q:稲垣選手が入った後半から形勢をひっくり返しました。どういう意識で入った後半でしたか。
「0-1でしたけど、全部が全部前がかりになるのはやめようと。ちゃんとバランスは取りながら、それでも圧をかけるところはかけながら。あとは周りをしっかりコントロールすること。前半を見ていて何となく、相手のやりたいこととか、流れとかもイメージはできたので、周りをしっかり動かそうということですね」

(残り 817文字/全文: 1108文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ