赤鯱新報

重廣卓也「『GD間でオレは待っているので、そこに流し込んでください』って言った次のプレーでそういう形になったので。しっかり試合中のコミュニケーションが取れたということが、あのゴールのすべてだったのかなと思います」【名古屋vs浦和】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ 第24節
8月6日(土)名古屋 3-0 浦和(19:03KICK OFF/豊田ス/33,005人)
得点者:27’重廣卓也(名古屋)45+5’マテウスカストロ(名古屋)64’永井謙佑(名古屋)
———–
○重廣卓也選手
Q:J1初得点でした。
「素直に嬉しかったんですけど、なかなか豪快なゴールとかじゃなかったので。ほんと謙佑くんのボールがすべてだったので、押し込むだけという形で。点取ったぞ!という感じではなかったですけど、振り返ってみたら、良かったな、嬉しいなと思いますね」

Q:あの位置にいたことに価値があると思いますが。

「そうですね、ゴールを決めた前のプレーで、謙佑くんが僕を狙ってマイナス気味にクロスを上げたんです。それはクリアされたんですけど、僕はそこをGD間で欲しくて。相手のDFとGKの間で欲しかったので、それを謙佑くんにすぐに伝えに行って。『GD間でオレは待っているので、そこに流し込んでください』って言った次のプレーでそういう形になったので。しっかり試合中のコミュニケーションが取れたということが、あのゴールのすべてだったのかなと思いますね」

(残り 1869文字/全文: 2359文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ