【サッカー人気3位】秩序と混沌のどちらを求めるか ピッチに…

秋田サッカーレポート

明治安田J2第1節【群馬vs秋田】レビュー「紙一重」

勝負は紙一重。それを痛烈に感じた秋田のJ2開幕戦だった。

この一戦で記者がもっとも注目していたのは「秋田のサッカーが出せるかどうか」だった。結果を重視していないわけではない。ただ結果以上に内容が大切だと思っていた。なぜならJ2の公式戦でチームがブレずに戦い、自分たちのサッカーを発揮することこそが、今季の目標達成につながると考えていたからだ。そしてチームは昨季から継続するサッカーを徹底し勝点3に近づいてみせた。次節以降に向けた収穫が得られた。

(残り 1435文字/全文: 1656文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ