0‐7の処方箋(J論)

秋田サッカーレポート

明治安田J2【千葉vs秋田】レビュー「走り勝つ」

秋田が千葉に2-0で勝利。無失点を複数得点を実現して初の2連勝を達成した。秋田のコンパクトな陣形が攻守に効いていた。

千葉は前線に高さがないためか、シンプルなクロスではなく、ある程度崩してからサイドに展開してクロスを入れてきた。ただパスをつなぐシーンでは秋田の選手がポジションの取り合いで優位に立っており千葉の選手間の距離が遠く、その結果1人あたりのタッチ数が多くなってボールが止まる。その時間を利用して秋田の選手たちが素早くスライドしパスを阻んでいた。

(残り 1220文字/全文: 1446文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ