【サッカー人気1位】「金」では買えない強さがある。クソすぎ…

秋田サッカーレポート

J2第6節【松本山雅FC vs ブラウブリッツ秋田】レビュー「光明」

 

前半と後半でまったく違う展開。流れを失う怖さを味わったと言うべきか。アウェイ松本戦はまるで2試合分の感情を味わったような、なんとも不思議な試合だった。秋田は3-1で敗戦。通算成績を3勝1分2敗、得失点差は+1。勝点は10のまま。

試合前に加賀健一が「チームとして徹底してやっていきたい」と挙げていた2つの項目。1つ目の「先に失点をしない」は遂行できた。だが2つ目の「アウェイでも絶対勝点を拾ってくる」は果たせなかった。だが開幕戦の反省を踏まえて秋田のチームが大きく躍進したように、松本戦の敗戦はチームをさらに強くするのは間違いない。

(残り 1323文字/全文: 1637文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ