【サッカー人気3位】J2第13節栃木SC戦「ハイプレスを攻…

秋田サッカーレポート

J2第7節【ブラウブリッツ秋田 vs 大宮アルディージャ】稲葉修土選手試合後コメント「J2で僕たちはチャレンジャー。毎試合トーナメントの決勝戦のイメージで挑まないと絶対に勝点を取れない」

–後半攻めていくことができた要因は

ひとつは風の影響ですかね。前節、自分たちが前半松本さんに対して押し込めたように、前半は今日大宮さんが風上だったので。すごい単純なクリアボールも戻ってきて相手のFWに収まってしまったり、サイドまで流れてしまうっていうのがあって、そういうところで前半は自分たちの中でもかなり我慢して「後半勝負、後半勝負」と言っていたので。後半それが思い通りになったかなというイメージです。

–個人としてのプレーの評価は

前半よりは後半のほうがボールを奪う回数は多かったですけど、セカンドボールはいつもに比べて大宮さんのほうに拾われてました。映像を見て修正して、自分自身次に向けて取り組んでいきたいと思います。

–相手との噛み合わせについて

こちらの攻撃に対して、毎試合相手の対策が強くなってきているなというのはピッチでやっていて感じるところですけど、守備の場面ではそこまで本当に危ない決定機はあまりなかったですし、最後のところも全員が体を張って気持ちで守ったので。そこは継続したいと思います。

(残り 678文字/全文: 1130文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ