【サッカー人気1位】降格圏でも悲観する必要ナシ。3-4-2…

秋田サッカーレポート

J2第11節ファジアーノ岡山とのホーム戦に向け、ブラウブリッツ秋田の増田繁人選手コメント「秋田のチームは自分のことだけじゃなく、まわりの選手を引っ張りながらみんなが練習している」

 

–守備の手応えについて

水戸戦は非常に手応えはありまして、加賀さんとの連係だったり、輪笠選手が初めて左SBで出ましたけど、その中でもコミュニケーションを取りながらうまく対応できていた感覚があります。

–PA外からのシュートの失点が増えているが

ウチの失点のパターンとして、ペナの外から決められるパターンが非常に多いと思ってます。DFラインとしてできることは、やはり深く入りすぎずラインを高く保つこと。こまめに高さを上げ下げを繰り返して、ボールホルダーにしっかりアプローチするっていうことがDFラインの仕事じゃないかなと思っています。

–古巣の岡山のチームについて

(残り 2282文字/全文: 2568文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ