【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!】元悦放談:魔境J2…

秋田サッカーレポート

J2第11節【ブラウブリッツ秋田 vs ファジアーノ岡山】輪笠祐士選手試合後コメント「前で変化を作りたいという思いがあった」

岡山さんとはサッカーでも似ている部分があって、裏を狙ってセカンドボールを拾ってくるというのは試合前からわかっていて、そこが勝負になるなと思っていました。セットプレーも大事だと思っていた中で失点して、そこから難しい試合になってしまったと思います。

–攻撃の組み立てについて

自分たちのサイドの裏に対して、相手がすごく対策をしてきていました。その中でも工夫して前半の最初の方は押し込んだ場面が多かったんですけど、そこで点が取れず。セットプレーで失点した後は相手のペースというか、相手が割り切ったプレーをしてきました。

–今日の試合の教訓は

失点しないこと、先制点を取ることが大事だなと痛感しました。先に仕掛けて先に点を取ることを意識していきたいと思います。

–球際や走力で相手に上回られていた印象を受けたが、ピッチではどうだったか

(残り 310文字/全文: 671文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ