【サッカー人気2位】日本代表の現場からしばし離れて思うこと…

秋田サッカーレポート

J2第12節【V・ファーレン長崎 vs ブラウブリッツ秋田】吉田謙監督試合後コメント「自分たちで主体的に解決策を見出し切り開いた」

 

 

秋田の皆さま、そしてアウェイの地まで応援をしに来ていただいたいサポーターの皆さま、本当にありがとうございます。皆さまの熱い心のおかげて勝利することができました。試練に磨かれて強くなる。本質を追求することで伸びていく。戦い、自分たちも走り、素晴らしかったと思います。

–どのような試練があって選手たちが磨かれたか

前半相手に主導権を奪われて、押し込まれることがあった。その中で、自分たちで主体的に解決策を見出し、自分たちで切り開いていこうというチームの一体感が素晴らしかったと思います。

–同じように先制された前節との違いについて

一番はどれだけ気持ちがこもっていたか。チーム一体で、同じ方向、同じ絵を描き、攻守を行っていたか。もちろん、前の試合もチーム一体で戦っていたことは間違いない。試練を切り開いてくれた選手たちが素晴らしかったと思います。

–武選手が前節終了間際と同じようなボレーシュートを決めたが

(残り 162文字/全文: 574文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ