【サッカー人気4位】「試合を90分通してやったのはかなり前…

秋田サッカーレポート

J2第16節【東京ヴェルディ vs ブラウブリッツ秋田】吉田謙監督試合後コメント「前向きに奪ってカウンターでゴールに迫る。スピード感ある攻撃が出せていた」

 

秋田の皆さま。ともに走っていただきありがとうございます。あきた一体で、これからも秋田のために走りたいと思います。日々の練習を積み上げて、これからもっと強くなれるように、決して下がらないように、一体感、距離感を縮めて戦い抜きたいと思います。

–下がらないようにという言葉の意図は

勝った試合ですごく良い。負けた試合で駄目だ。というわけではなくて、負けた試合の中からも次につながる光があります。それに向けて、悪いものを見るのではなくて、できるものをさらに磨いて、チーム全員で高みを目指して上に行きたいという意味です。

–後半は東京Vに押し込まれ前向きな守備が出せなかったか

戦術的な面はたくさんありますけれども、ボールに人を出し、スライドし、同数でも勝ち切る力をこれから磨いていきたいと思います。

–前向きな矢印を作ったが結果が伴わなかったか

選手たちの力を信じれば、もっとやれたと思います。

–前半のスタッツで、秋田のボール支配率が25%、パス数が68本となかなか見ない数字だった。一方でシュート数は8本でヴェルディを上回りスコアは1-1。ヴェルディはボール支配率にこだわるチームだが、吉田監督はボール支配率やパス数とゲームの主導権の関係をどのように捉えているか

(残り 380文字/全文: 913文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ