【サッカー人気1位】川端暁彦と五輪GL総括「予定外の事も良…

秋田サッカーレポート

J2第19節【ブラウブリッツ秋田 vs アルビレックス新潟】三上陽輔選手試合後コメント「奪った後のボールをどのようにゴールに直結していくかが大事」

–後半の途中出場の選手が良いプレーを見せていたが

0-1の状態で試合に出場して、そこから0-2で試合が終わっているので、本当に悔しい気持ちでいっぱいです。

–三上選手自身のプレーを振り返って

チームのやることとして、相手の背後に蹴って押し込んでいくなかで、自分がその間、中間ポジションでタメを作るだとか、そういったことを意識して入ったので。その点としては良かったと思うんですけど、あとはゴール前でチャンスを作る回数をどう増やしていくかだと思います。

–前半をどのように観ていたか

耐える時間が非常に長くて。相手のビルドアップの質だったり、選手個人の質の高さを感じていました。その中で「自分が出たらどうするか」ということを、ベンチで他の選手と話しながら観ていました。

–実際にピッチに入って感じたことは

(残り 197文字/全文: 545文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ