【サッカー人気4位】男子サッカーの問題点。日本はなぜ10人…

秋田サッカーレポート

J2第20節 SC相模原とのホーム戦に向け、ブラウブリッツ秋田の飯尾竜太朗選手コメント「右サイドはより多くボールを持てるので、前への選択肢が増えていく」

 

–長崎で指導を受けた高木琢也監督との対戦だが

長崎の2年間はすごく自分の中でも濃い2年間でしたし。高木さんとの思い出は本当にたくさんありますし。サッカー選手として本当に大切なことっていうものをたくさん教えていただいたので。恩返しができる次の試合で頑張りたいと思います。

–相模原でどのようなチーム作りをしていると考えるか

ハードワークがすごく大きなポイントだと思います。高木さんのサッカーをやる上で、献身性とか走力は本当に大切な、大きなキーワードだと思うので。相模原でもまだそんな期間は立ってないですけど、[3-4-2-1]の中で走力ひとつのキーワードにしてくるんじゃないかなと思います。ただ秋田もそういう部分では負けてないと思うので。相手のストロングの部分を、こっちが上回れるように、表現していきたいと思います。

–ワイドを使ってくる相手に対してどのようにプレーするか

(残り 2517文字/全文: 2907文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ