【サッカー人気4位】欧州組が占める日本代表を見て「隔世の感…

秋田サッカーレポート

【J2第31節】ファジアーノ岡山とのアウェイ戦に向けたブラウブリッツ秋田の監督・選手コメント 輪笠祐士選手「ボールが外に切れたときに気を抜かないこと、相手より先に準備することを90分通してしなければ」

 

岡山戦に向けた練習取材は行われず、クラブとチームがメール取材に協力してくれた。

※掲載写真は9月15日撮影

 

吉田謙監督

–前節含め、相手のスローインからの失点が続いている。優先的な改善点は

声かけを大切に。

 

–「キリカエの強度でリーグ1位」を目標とした理由は

チーム一体で助け合ってキリカエる。チーム一体での助け合いを大切にしている。

 

–岡山戦に向けた練習のテーマは

(残り 1744文字/全文: 1947文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ