【サッカー人気2位】どうする集客!?WEリーグに解消してほ…

秋田サッカーレポート

【J2第31節】ファジアーノ岡山 vs ブラウブリッツ秋田 武颯選手試合後コメント「チームのやるべきことをやりつつ自分の特長であるシュートや得点力を発揮できている」

 

 

–試合を振り返って

前半から自分たちの良い形ができて、先制点も奪うことができたので、そこはよかったと思います。でも最後試合を閉めるっていうところだったり、守り切るっていうところはまだできていなかったので、引き分けになってしまったのかなと思います。

 

–先制点までの流れは吉田 伊吹選手と練習した形だったか

練習は全然していなくて、とっさの判断で、ワンツーだったりとかが有効かなと思ったので。吉田選手がヘディングで勝てばゴールへのイメージができていたので、そこは本当によかったかなと思います。

 

–相手DFが寄せてくる寸前でシュートを狙ったが

吉田選手にパスを出した時点で、もうイメージはできていたので。そこは相手が来ていてもタイミングの問題なので大丈夫かなと、落ち着いて打つことができました。

 

–試合を閉めるために、武選手が出場している時間帯でどのようなことができたか

(残り 1028文字/全文: 1437文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ