【サッカー人気1位】未熟さを露呈した逆転負け。自力残留への…

秋田サッカーレポート

【J2第33節】モンテディオ山形 vs ブラウブリッツ秋田 吉田謙監督試合後コメント「勝ちと同価値の負けもある。どんなことにも挑戦し続けるのが執念」

 

 

総括

秋田の皆さま、そして東北の皆さま。選手、クラブを応援していただき本当にありがとうございます。山形の地まで応援に駆けつけていただいたサポーターの皆さま。本当に心強かったです。ありがとうございました。
日常から、1秒、1cm、そこにこだわって、切り替えの強度を上げて、さらに良い選手、良いチームになれるように努力して参りたいと思います。秋田の選手はここから必ず成長します。

 

–前半早い時間での失点の評価について

切り替えて相手に敵陣深くまで攻め込まれピンチを迎えたら、全員で一体で守って一体で防げるように。ゴールを守るという原則を、走る強度を上げて挑戦していきたいと思います。

–ここからどの部分の成長を期待するか

サッカーの原則どおり、原則の強度に限界はありません。1cmでも前へ、1秒でも早く助け合って走ること。切り替えること。その強度を上げればチームはさらに成長できます。秋田の選手はここからしぶとさを見せてくれます。

 

–この試合の収穫は

(残り 246文字/全文: 689文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ