【サッカー人気2位】【山雅探報】背水!松本山雅に希望はある…

秋田サッカーレポート

【J2第33節】モンテディオ山形 vs ブラウブリッツ秋田 千田海人選手試合後コメント「課題を見つけられたことは、残り9試合、前に進むにあたって宝となる」

 

 

–きょうの試合で見つかった課題は

まずかなり早い時間帯で失点してしまった。そこは前節で出ていた課題なので、そこをしっかり反省してきたつもりなんですけど、この試合でまた出してしまった。またチームとしてしっかり締めなきゃいけないかなと思います。
ゲーム中の話をすると、(ボールの)取りどころがいまいちはっきりされてないのと、その取りどころがわからないまま、ずるずるずるずる試合時間を流してしまった。もっとどこかのタイミングでしっかり全員でコミュニケションを取って、どこで取るかだったり、一体感をもって取る場所を明確にしていかなきゃいけなかったかなと思います。
2失点目もやられる前に取れるシーンがあったと思うので。そこもしっかり取れていれば。反省して次に生かしたいです。

 

–取りどころがはっきりされなかった要因は

ここ数試合やってきた守備のやり方とは少しまた変えて、相手がゴールキックをつなぐところに対しても、かなり攻めの姿勢で前向きにやっていこうとやっていたんですけど、そこがうまくハマらずに、相手に前に押し込まれてしまうシーンも多々あった。でも試合中、飲水タイム明けくらいからちょっとやり方を変えて奪うところがあったと思うんですけど、そこを前半の早い段階からしっかりやっていけば少し結果も変わったのかなと思います。

 

–この試合の収穫は

(残り 130文字/全文: 962文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ