【サッカー人気3位】【地域CL】東京での「紫対決」は新宿が…

秋田サッカーレポート

【J2第34節】FC町田ゼルビアとのホーム戦に向け、ブラウブリッツ秋田の稲葉修土選手コメント「前半を失点ゼロでしのぎたい」

 

–前節は追い付いた直後に勝ち越されたが

前節みたいな展開、ある程度支配されていて、取り返して同点になると自分たちのリズムになりますし、そこから逆転っていう風なチームの中でその意識が出てくるんですけど、そこのところを例えばもう一回守備から入って逆転を狙いに行くのか、ただ何も中で動かすような指示がなく、選手がバラバラな感じで逆転を狙いに行くのかっていうのがちょっとはっきりしてなくて。
はっきりしなくてっていうか、本来はもう一回チームのやるべきことを明確にしてから逆転を狙いに行くべきなんですけど、そこのところが中の選手も、嬉しさはもちろんありましたし、このまま行けるっていう勢いだけで行っちゃったのかなっていうのがあって。それが余計にうまくいかなくて空回りしてしまった結果、まあのような失点を招いてしまったのかなと振り返って思ってます。

 

–ちょっとふわっとしたか

(残り 3768文字/全文: 4160文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ