【サッカー人気4位】残留争いしているチームには見えない徳島…

秋田サッカーレポート

【J2第34節】FC町田ゼルビアとのホーム戦に向け、ブラウブリッツ秋田の半田航也選手コメント「練習から声を掛けあってコミュニケーションを取れている」

 

–外から見たときと、ピッチに立ったときのJ2のレベルについて

正直上から見ていて、自分が出ても通用する部分はあるなっていう風に思ってたんですけど、ピッチに入って圧力だったり相手のスピード感だったりっていうのが本当に違うなって感じて。でもその中でもピッチ入ったときには自分らしいプレーができたので。これからも自信持ってやっていけるかなっていう風に思います。

 

—-自分らしいプレーとは

自分の特長としては背後への抜け出しだったり、ハードワーク、戦うっていう部分であるので。そういう意味では、この前の愛媛戦は背後に抜けてシュートまで行けたシーンもありましたし、守備で積極的に奪いに行くことができたので。そこは自分の良さだと思ってます。

 

—-チームメイトにはいろんなタイプのFWがいる。コンビネーションについて

(残り 2458文字/全文: 2828文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ