【サッカー人気1位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

秋田サッカーレポート

【J2第35節】アルビレックス新潟 vs ブラウブリッツ秋田 吉田謙監督試合後コメント「喜んでる暇はない。勝つまで、笛が鳴るまで戦い抜こう」

 

 

総括

秋田の皆さま。どんなときも、選手、クラブを心から支えていただき感謝申し上げます。皆さまの応援のおかげで、選手たちはひたむきに走り勝つことができました。チャンスは走った先の、先の、先にあると思っています。そこまで選手たちは一体となって走ってくれました。これからも日常を大切に、挑戦を続けたいと思います。

 

–守備でもよく走っていたと思うが

選手の距離感を維持するために走り続ける。その絆、鎖が切れない連動、連係。これからも日常を大切に磨いていきたいです。

 

–シュートは5本でも挑んだ回数は多かったと思うが

チーム全員でボールを奪いにいく、それも挑むこと。ボールを前に運び全員で前進すること、それも挑むこと。日常から挑む心がなければ試合では挑めない。日常がすべてだと思います。

 

–これからの試合に向けて

一日一日、いま、ここ、未来。いまを大切に、どんなときもチーム一体で戦いたいと思います。

 

–試合を通してキリカエの強度、精度が高かったと思うが

(残り 365文字/全文: 819文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ