【サッカー人気3位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

秋田サッカーレポート

【J2第40節】ブラウブリッツ秋田 vs ヴァンフォーレ甲府 千田海人選手試合後コメント「綺麗じゃなくてもいい。泥臭くても点を取る。僕たちはそういうチーム」

 

 

–試合を振り返って

やはり前節の反省からも、前半は失点ゼロでロッカールームに帰ってこなくてはいけなかったと思います。先制を許してしまうと、試合を難しくしてしまうので反省点です。チーム全体で球際の部分や戦うところはやれていたと思いますが、攻撃の質の部分はもう少し高めなければならないと思いました。

 

–秋田は球際の競り合いで戦っていたと思う。チームとして、個人として前節の反省を生かせたか

京都戦の反省はしっかり全員受け止め、戦えていたと思いました。
僕も前節の反省から相手に自由に与えずに、球際で粘り強く戦えた印象がありますが、失点もしてますし、もっと上を上を目指さなければ甲府さんのような順位には届かないと思うので、チームの当たり前の基準を上げたいです。

 

–公式記録によると秋田はシュート1本に終わった。より相手ゴールに迫るにはどのようなことが必要だったか

(残り 208文字/全文: 608文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ