今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

秋田サッカーレポート

【無料記事】【議事録】1/8ブラウブリッツ秋田の2022シーズン新体制発表会(2)強化方針~吉田謙監督コメント~新加入選手紹介

●強化方針

岩瀬代表:
クラブとして変わることのないクラブフィロソフィー「AKITA STYLE」を体現できる選手をベースに、今年も招集してまいりました。

私からこのクラブフィロソフィー「AKITA STYLE」を、皆様にいま一度ご説明をさせていただきます。秋田の地でプロクラブとして取り組んでいく中で、やはり我々が考える主役は秋田の皆さんです。

秋田の皆さんがどのようなことを求めているのか。そしてプロスポーツクラブは選手を入れ替えながら発展していきます。そういった中で積み重ねをどのようにしていくのかを考えた際、クラブとして軸となる、絶対にブレない哲学を持たなければならないと感じておりました。

そういった中で、秋田の歴史や秋田の文化を持ち、そしてクラブを通して秋田に新たな価値を築き発信していく。それがこの「AKITA STYLE」です。

ひとつ目に秋田県民の真面目さや誠実さ、そして献身性。そういったものを我々はピッチ内外で、フェアプレーの精神で表現していきます。

ふたつ目に躍動。この冬の時間が長く、我慢した分、夏には弾けるような躍動感。これは他の県にはない、自慢できるものだと思ってます。そういった夏の躍動する秋田を、私たちは躍動感あふれる多彩な攻撃で表現をしてまいります。

3つ目に粘り強さ。毎年のようにこの時期は寒い寒波が訪れ、耐え難い寒い時期があります。私自身も既に16年を秋田で迎えておりますが、この寒さだけにはなかなか慣れることができずにおります。毎日雪を寄せて、また寄せてという形で、この寒さを耐えしのぐ忍耐強さ。これは秋田の特長でもあると思っています。私たちはそうした秋田県民の寒さを耐えしのぐ忍耐強さを、強固な守備と絶対に最後の最後まで諦めない忍耐強さで表現していきます。

この3つは秋田県民の方々の映画ですね。えー、共感できるような、いわゆる感情移入できるような哲学になっています。

そして最後の4つ目は挑戦です。吉田監督も常に口にする、前に前にゴールに向かう強い姿勢。地方ならではの閉鎖的な一面がある中で、秋田でも諦めずに力を合わせれば何事もできる。私たちのこれまでの歴史からも「J2なんて」と言われた過去もありました。しかし、2017シーズンの優勝。ライセンスを取得するためのスタジアム改修へ向けた署名活動。そして、それに応えてくれた県や市の行政。昨年の無敗優勝とJ2昇格。4チーム降格の過酷なシーズンを乗り越えた残留はまさに秋田一体で成し遂げた、誇りある挑戦だと思っております。

そういった挑戦する文化を、私たちはスタジアム、ピッチ上から発信していこうと思っております。

そうなることで俺らもやれるんだ。秋田でもできる。皆で絶対に成し遂げようと、秋田県民の皆さんが自信や誇りをもって、夢や目標に向かって挑戦する文化をスタジアムから発信していく。

それはいわゆる生産世代のサポーターの皆さんや、働く皆さんがそのマインドを持って日々の仕事に取り組んでくれると思っております。そしてシルバー世代の方々は、若者が挑戦する姿に対して背中を押してくれると思います。

また子供たちはその挑戦を目の当たりにして、自分たちでもやれる、きっとやれるんだと、目標に向かって夢を持って強く強く秋田の未来を築いてくれると思っております。

そういった挑戦する文化を、秋田一体という形で、我々はこの「AKITA STYLE」を哲学にして今シーズンも取り組んでまいりたいと思っております。

今回の編成で、ひとつ皆様にお礼をお伝えしたいと思っています。既存選手の移籍やキャリアアップも十二分に想定されました。リリースの通り、ほぼ全員の選手が更新という形になりました。もちろんプロの選手はキャリアアップを図っていきたい。これは当然のことと思います。しかしながら、選手たちもこの秋田の地で、秋田の良さに気づいて、秋田の方々に支えられ、選手たちは口を揃えて秋田が好きだということを話してくれました。

秋田の人の暖かさが彼らの心を動かし、決断の理由の1つになったことは間違いないかなと思っております。秋田の皆さんとともにチームの編成をしていると言っても過言ではないのかなと思っております。なのでこの場をお借りし、皆さんにお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございます。

今シーズンの強化方針については、先に申し上げた通り、秋田スタイルをより体現できる選手たちを招集しております。

吉田監督が掲げるゴールに向かう強い姿勢、最後まで走り、そして最後まで戦えるチームコンセプトをさらに追求し、吉田サッカーの継続からの成長を必ずお見せできる選手たちが集まってくれたと思っております。

補強に関しては、J3の実績ある選手、秋田でさらに伸び成長する可能性を占めた選手、そして「AKITA STYLE」に当てはまる選手を獲得できたと思っております。監督の目指す攻守一体を体現できる選手たちです。

今年はワールドカップイヤーということで1週早く開幕し、10月にはシーズンが終わるという、今までに経験したことのないシーズンです。こうした短期間決戦を総力戦で戦ってまいりたいと思っております。

 

●2022シーズン目標

岩瀬代表:
続いて今シーズンの目標です。目標はJ2残留はもちろんのこと、今シーズンは10位以内を目標にしてまいりたいと思っています。この10位以内は決して簡単なことではないと思います。しかし、成長、発展、変化があって、クラブの新たな歴史は刻まれていくものと思っております。

この目標を設定し、一戦一戦の試合に全力を注ぎ、ファン、サポーター、ご支援いただくスポンサーの皆様方と、昨年以上に秋田一体、そして超秋田一体となって成し遂げて参りたいと思っておりますので、熱い熱いご声援をよろしくお願い申し上げます。

 

●吉田謙監督コメント

秋田の皆さま、どんな時も選手、クラブを支えていただき、本当にありがとうございます。感謝申し上げます。素晴らしい選手たちが加入してくれました。

目の前の壁を、自分の力で秋田のためによじ登れる。そういう選手たちばかりです。新たな選手を加えて、超秋田一体。そのためには、すべては日常です。秋田のために、そして自分のために、ピッチで100%プレーする。それを積み上げて、そしてその気持ちが宿った時に一体となれると思います。これからもひたむきに、秋田のために走りますので、選手、クラブを応援よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

 

●新加入選手紹介

吉村 弦(よしむら・ゆづる)

MC:
DF2番。吉村弦。1996年5月21日生まれ。大阪府出身の25歳。同志社大学からAC長野パルセイロに入団。今シーズンよりブラウブリッツ秋田に加入。同志社大学時代はDFでは異例のアシストにも輝いたことがある、攻撃面でも期待のもてる、チームのために絶え間なくスプリントできるSBです。

吉村:
AC長野パルセロから加入しました吉村弦です。積極的な攻撃参加で勝利に貢献したいと思います。よろしくお願いします。

 

小柳 達司(こやなぎ・たつし)

MC:
DF3番。小柳徹司。1990年2月7日生まれ。千葉県出身。32歳。日本体育大学からザスパ草津群馬に入団。ツエーゲン金沢、ザスパクサツ群馬、ヴァンフォーレ甲府を経て、今シーズンよりブラウブリッツ秋田に加入。最終ラインだけではなく、WBやボランチもこなすユーティリティプレーヤーです。

小柳:
ヴァンフォーレ甲府から来ました小柳達司です。秋田のために戦う覚悟をもってきました。自分の全力を出し尽くしたいと思います。よろしくお願いします。

 

池田 樹雷人(いけだ・じゅらと)

MC:
DF4番、池田樹雷人。1996年9月17日生まれ。東京都出身。25歳。三菱養護SCユースからセレッソ大阪へ入団し、バンコク・グラスFC、愛媛FC、AC長野パルセイロ、愛媛FCを経て、今シーズンよりブラウブリッツ秋田に加入。自慢のフィジカルと跳躍力を生かして空中戦を支配。走力もあり、左足で変化も付けられるDFです。

池田:
愛媛FCから来ました池田樹雷人です。秋田を盛り上げるように頑張ります。よろしくお願いします。

 

加藤 慎太郎(かとう・しんたろう)

MC:
DF20番、加藤慎太郎。1999年10月18日生まれ。東京都出身。22歳。専修大学から今シーズンよりブラウブリッツ秋田に加入。まさに万里の長城。圧倒的な高さで空中戦を支配し、持ち前のスピードも活かして秋田のゴール前に立ちはだかります。

加藤:
専修大学から来ました加藤慎太郎です。自分の持ってる力のすべてを出して秋田のゴールを守ります。よろしくお願いします。

 

小暮 大器(こぐれ・だいき)

MC:
MF24番、小暮大器。1994年5月17日生まれ。茨城県出身。27歳。セレッソ大阪U-18からセレッソ大阪へ加入。徳島ヴォルティス、セレッソ大阪、愛媛FCを経て今シーズンよりブラウブリッツ秋田に加入。サイドなら左右問わずどこでもプレー可能なユーティリティ性を兼ね備え、無尽蔵のスタミナを武器に、サイドを激しく上下動する俊足のアタッカーです。

小暮:
愛媛FCから来ました小暮大器です。秋田のために全力で戦います。よろしくお願いします。

 

藤田 雄士(ふじた・ゆうと)

MC:
DF27番、藤田雄士。1999年8月23日生まれ。神奈川県出身。22歳。神奈川大学から今シーズンよりブラウブリッツ秋田に加入。持ち味の負けん気を生かした攻守における1vs1や球際の強さは、吉田サッカーにフィットすること間違いなしです。

藤田:
神奈川大学から加入しました藤田雄士です。自分の持ってるパッションを全力で出していきたいと思います。よろしくお願いします。

 

青木 翔大(あおき・しょうた)

MC:
FW40番、青木翔大。1990年8月11日生まれ。神奈川県出身。31歳。桐蔭横浜大学から横浜FCへ加入し、AC長野パルセイロ、FC琉球、アスルクラロ沼津、ザスパクサツ群馬を経て、今シーズンよりブラウブリッツ秋田に加入。豊富な運動量、献身的な守備、闘志あふれるプレーで、沼津時代の相方、中村亮太選手とのコンビでたくさんのゴールを奪ってくれるでしょう。

青木:
青木翔大です。秋田のために、応援してくださる方のために全力で戦いたいと思います。応援よろしくお願いします。

 

松井 謙弥(まつい・けんや)

MC:
GK41番、松井謙弥。1985年9 月10日生まれ。静岡県出身。35歳。ジュビロ磐田ユースからジュビロ磐田へ加入し、京都サンガFC、セレッソ大阪、徳島ヴォルティス、川崎フロンターレ、大宮アルディージャ、水戸ホーリーホック、セレッソ大阪を経て、今シーズンよりブラウブリッツ秋田に加入。冷静な判断と的確な位置取りが持ち味のGKです。J1、J2での豊富な経験をチームに還元してくれることも期待されます。

松井:
セレッソ大阪から来ました松井謙弥です。チームのために全力で頑張ります。よろしくお願いします。

前の記事 »

ページ先頭へ