秋田サッカーレポート

【J2第21節】ブラウブリッツ秋田 vs 大宮アルディージャ 輪笠祐士選手試合後コメント「変化を加えるのが自分の良さでもある」

 

 

秋田vs大宮 Jリーグ公式サイト試合情報

https://www.jleague.jp/match/j2/2022/061202/live/#live/

 

–試合を振り返って

風もすごいあった中で、前半は風下だったのでとにかく割り切って(失点)ゼロでいこうとしました。それがここ最近の課題でもあったのでしっかりやることができたんですけど、後半で点を取りに行くパワーっていうのがまだ足りなかった。そこで先に取らないとああいうちょっとしたスキを突かれてやられてしまうので。自分たちとしてはすごく勝ちたかった試合で、もったいなかったなっていうふうに思います。

 

–決定機は風下の前半のほうが多かったと思う。前半の割り切り方について

割り切って「前に前に」っていう部分を相手が相当嫌がっていた中で、風下でしたけどしっかり前にボールを供給できて押し込みチャンスも作れたので。そういうところで点を取れればもっと楽になると思うんですけど決め切れなかったのと、後半になってより圧を掛けたかったんですけど、そこで掛けられなかったのは課題です。

 

–大宮戦は左サイドから組み立てるシーンが多かったと思うがチームとしての狙いがあったか

(残り 1097文字/全文: 1626文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ