バスケットボール・クラッチ

2018.11.3(土)栃木ブレックス 対 滋賀レイクスターズ「試合結果」

栃木ブレックス 90 × 〇滋賀レイクスターズ 93

25-21、22-24、14-22、19-13、10-13

@ブレックスアリーナ 3,647人

 

●スターター

栃木:♯4ジェフ・ギブス ♯13渡邉裕規 ♯18鵤誠司 ♯24栗原貴宏 ♯22ライアン・ロシター

滋賀:♯31ガニ・ラワリ ♯32狩野祐介 ♯35伊藤大司 ♯40ディオール・フィッシャー ♯45鹿野洵生

 

●チームスタッツ

ターンオーバーからのポイント…栃木17、滋賀9

ペイントエリア内でポイント…栃木36、滋賀46

セカンドチャンスポイント…栃木21、滋賀9

ファストブレイクからのポイント…栃木7、滋賀9

ターンオーバー…栃木8、滋賀16

FG成功率…栃木42.5%、滋賀61.7%

 

●個人スタッツ

ジェフ・ギブス…21PT、7RB

ライアン・ロシター…23PT11RB

橋本晃佑…12PT

栗原貴宏…9PT

 

●試合概略

今季2回目のオーバータイム。今季2回目の敗戦(どちらもホーム)。田臥は腰痛でDNP。遠藤は体調不良明け、4試合ぶりの試合復帰で5分55秒とプレータイムを抑えられた。一方、渡邉、ロシターは35分25秒、ギブスも35分56秒の出場となった。

滋賀のビッグマン2人に得点が偏ることがある程度分かっていたため、ライアン・ロシターとジェフ・ギブスが11で守り、それ以外の選手にやられないようにしようというゲームプランで臨んだブレックス。だが、第1Qで、滋賀の狩野に、さらに伊藤にもシュートを決められてしまう。ブレックスは、なかなかプラン通りにいかず、またディフェンスのローテーションもうまくいかず、戸惑いっているうちにゲームは滋賀のペースで進んでしまった。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック