バスケットボール・クラッチ

安齋HC、山崎稜、渡邉裕規、遠藤祐亮、鵤誠司、田原隆徳「2018.10.21北海道戦 試合後コメント」

2018.10.21

〇栃木ブレックス 79 × レバンガ北海道 70

 

●試合後のコメント

北海道 ジョゼ・ネトHC

今日の試合も終盤までどちらが勝ってもおかしくない展開で、面白い試合だった。相手に2日間通してフリースローを57本と与えすぎた。これは改善していきたい。昨日はTO7、今日は16と多すぎた。昨日は、栃木の主力(ギブス)がいない中だったが、今日は主力選手がプレーした中でもしっかり戦えるということがチームとして証明できたと思う。今日は選手は最後まで諦めなかった。そこは誇りに思う。

 

栃木 安齋竜三HC

「今日はいろんな成長を見ることができた」

勝ち続けることは難しい。今日はやり返すことができるかどうかというところだったが、出た選手がしっかり役割を果たしてくれた。最後の5分のディフェンスの強度を上げられたのが良かった。

今日も我慢の展開だったが、途中から出てきた竹内、田原、橋本がよくつないでくれて、残り5分スタートメンバーでしっかりした激しいディフェンスができた結果が今日の勝ちにつながったと思う。

チーム力を上げるためにはいろんな選手のステップアップが必要だと思うので、そういう意味では今日はいろんな成長が見れた試合だった。

(残り 2381文字/全文: 2899文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック