バスケットボール・クラッチ

栗原貴宏、鵤誠司「絶対勝つと、気持ちを一つにして臨んだ」12.9琉球戦「試合後コメント」

2018.12.9(日)

〇栃木ブレックス 77  対 琉球ゴールデンキングス 67

 

●試合後のコメント

栗原貴宏

「絶対勝つと、気持ちを一つにして臨んだ」

絶対勝つと、気持ちを一つにして臨んだので、それが勝利につながったと思う。自分は、常にハードなディフェンスを第一に考えている。個人的に、昨日の試合では(スイッチするのかしないのかなど)チームルールの部分で間違えてしまったところがあったので、そこをしっかり見返して、ACにも確認して、そこを今日は間違えないように意識した。

 

鵤誠司

「最近は、思いっきりやるようにしている」

ディフェンスからいい流れを持っていきたいという思いでディフェンスのプレッシャーを掛け続けた。自分は消極的なプレーをするとターンオーバーが増えていると気付いたので、最近は、思いっきりやるようにしている。

―並里選手と試合してみてどう感じたか。

スカウティングでは、シュートのタッチがあまり良くないということだったが、昨日からシュートタッチもよくて、本当に止めづらかった。ただ、ビッグマンのショーディフェンスなど、みんなでやれば守れる選手だと思った。一人では厳しいが、今日はチームで守れたと思う。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック