バスケットボール・クラッチ

安齋HC「今季、一番うれしい勝利。この言葉に込めたもの」12/15-16新潟戦「コラム」

渡邉が20得点の活躍

121516日、ブレックスはアウェーで新潟アルビレックスBBとの試合に臨んだ。

1日目、出だしは新潟がトランジションで流れを作り、48とリードされたところでブレックスが早々にタイムアウトを取得。タイムアウト後にはライアン・ロシターなどが得点を重ね、2026と新潟リードで第1Qを終えた。

(残り 1984文字/全文: 2140文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック