バスケットボール・クラッチ

栗原貴宏「「チームメートは『キープシューティング』と言ってくれた」12.27秋田戦「試合後コメント」

●秋田戦試合後のコメント

 

栗原貴宏

「チームメートは『キープシューティング』と言ってくれた」

(鵤)誠司を欠いた中で、チームとしてしっかり勝てたのは良かった。秋田はインサイドの得点が多いチームなのでヘルプディフェンスとリバウンドなど、いかに簡単にゴール下付近で得点させないかを意識して試合に臨んだ。

(残り 590文字/全文: 742文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック