バスケットボール・クラッチ

安齋HCに聴く「敗戦の後に何を伝え、何を変えたのか?」実り多き1敗と1勝となった東京戦を振り返る。(インタビュー・コラム)

2019年最初の試合となったアルバルク東京との2連戦(1月5、6日)は、1勝1敗という結果だった。新旧の王者対決、そして同地区上位同士の試合とあって、両チームの選手にとっても、もちろんファンにとっても、大きな意味を持つ試合だったに違いない。ブレックスは1日目の敗戦を踏まえて修正し、2日目には勝利を挙げることができた。安齋竜三HC(ヘッドコーチ)は、この戦いをどう受け止め、今後にどう生かしていくのか。東京との2試合を振り返ってもらった。

(残り 3540文字/全文: 3759文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック