バスケットボール・クラッチ

田原隆徳「昨シーズンは“波乱万丈”。今シーズンは楽しくバスケットを…」インタビュー

田原隆徳選手に昨シーズンの感想と今シーズンに懸ける意気込みを伺いました。悔しい思いをした昨シーズンだったと思いますが、それも「いい経験」と受け止め、「結果的にはいいシーズンだった」と言い切る田原選手。思いの強さと気持ちの良さが伝わる清々しい取材となりました。今シーズンもアグレッシブにプレーし、思いっきり声を出し、めちゃくちゃチームを盛り上げてくれると期待しています!

 

自分の課題が見つかった

―昨シーズンはブレックス1年目となりました。ファーストシーズンの感想をお願いします。

個人としては、悔しいシーズンになりましたが、その分、自分の課題が見つかり、成長につながるシーズンだったと思います。北海道から栃木に来て、なかなか出場機会はもらえないだろうと思っていたので、予想以上にコーチに使ってもらって、そこでいろんな経験ができました。自分の課題が見つかりましたし、北海道では味わったことがない経験を積むことができ、自分にとってはプラスばかりでした。悔しいシーズンでしたが、その中でも成長があったので、結果としては「いいシーズンでした」と言えると思います。

 

―ブレックスに入る前は、B2のトライアウトも受けていたそうですね。

はい。B2のトライアウトを受けて、いくつかのチームに声を掛けてもらっていたんですけど「待ってください」と言って、どうするか考えていました。そのうちに、声を掛けてくれたチームもどんどん選手が決まっていき、「どうしよう。結局、チーム決まってない!」と焦っていた時に、ブレックスに声を掛けてもらいました。

契約の時点では、比江島(慎)選手が海外から戻ってきたら自分が契約解除になる可能性もあると言われていたのですが、ケガ人が出るかもしれないし、先のことは分からないだろうと思いブレックスに入団しました。先のことばかり考えないで、今を一生懸命にやっていれば何かしらにつながる。未来のことなんて分からないので、どうせクビになるからといって投げやりな感じでプレーするよりは、一生懸命にやった方が自分自身のプラスになる。そう思っていたので、いずれクビになるかもしれないと言われても、迷いはなかったです。

チーム的にも序盤はケガ人がいたりして、試合にも出せてもらって、いろんな経験を積むことができました。年明けに、比江島選手が日本に戻って来るとなった時には、マジか~という気持ちは正直ありましたが、契約解除になった後もチームに残れることになったので良かったです。

 

B2のチームであれば、ブレックスにいるよりもプレータイムがもらえると思いますが、それを魅力には感じませんでしたか。

やっぱりレベルが高いところでやった方がワクワクしますから。ブレックスにいた方が成長できますし、最終的にはやっていて楽しくないとダメじゃないですか。俺はワクワクしないとダメなので、自分の直感を信じました。それが結果としては、良かったと思っています。

(残り 4525文字/全文: 5742文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック