バスケットボール・クラッチ

「秋田の「おもてなし」はサイコー!」 ~ “おのかな” のブレックス観戦レポート~12/28-29 秋田ノーザンハピネッツ戦@CNAアリーナ☆あきた

クリスマス3連戦を勝利して194敗で東地区1位をキープし、さらに13連勝とチームの連勝記録を更新中のブレックスの次の対戦は、2019年最後の秋田戦です。

秋田といえば、「クレイジーピンク」とも呼ばれる熱狂的なブースター(ハピネッツブースター、通称「ハピブー」)がいるチーム。そういえば、まだリーグが分裂していた2014-15シーズン、足利市民体育館で行われたプレシーズンゲームで、NBLに所属するブレックスは、bjリーグに所属する秋田とリーグを超えて対戦しました。リーグによって違ってくるレギュレーションを前半はbjリーグ、後半はNBLで行うという変則ルールでの開催でした。

このとき一番びっくりしたのは、ツアーバス3台で乗り込んで来たハピブーさんたちの熱さ! おそろいのピンクのTシャツを着て、選手がシュートを決めるたびに楽しそうに盛り上がっていました。今では当たり前になった、チームカラーのTシャツを着てアリーナを染めるという感覚はまだなかった頃。半分がピンク色に染まった会場に、「プロリーグとはこういうものなのか」と衝撃を受けたものです。

そして、リーグが統合されたときから一度は行ってみたいと思っていた、秋田のホームに今回お邪魔することにしました! 結論から言うとほんっとに楽しかったし、もうちょっといろいろ見てきたかったなと思う旅でした。(文・写真/おのかな)

(残り 2789文字/全文: 3370文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック