バスケットボール・クラッチ

取材こぼれ話。「マイケル・ジョーダンに憧れていた」ジャワッド・ウィリアムズインタビュー

絵本を書いたり、バスケットボールキャンプなどを行う団体を運営するなど、プロ選手以外にもさまざま顔を持つジャワッド・ウィリアムズ選手。話をしていると、とても理知的で、1本筋が通ているというか、確固たる自分を持っている人だなという印象を受けました。今回はこぼれ話的な内容なので、その辺のことは伝わりづらいかもしれませんが、SPRIDE(4月20日発行36号)でじっくり話を聞いていますので、ぜひそちらも読んでみてください。(文・写真/藤井洋子)

 

バスケとボクシングは続けられた

—バスケットボールは、いつ頃から、どのようなきっかけで始めたのですか。

8歳か9歳ぐらいに始めました。いろんなスポーツを経験したのですが、ほかのスポーツがあまり続かない中、バスケットボールとボクシングだけは長く続けられて、最終的にバスケットボールを選びました。

 

—確か、お父様もボクシングをやっていたのですよね。

父と兄がボクシングをやっていて、ゴールデン・グローブ(※全米で最大の伝統ある大会。後に全米代表やプロの一線級となる選手を数多く輩出している)も獲得したプロのボクサーです。

(残り 1093文字/全文: 1574文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ