バスケットボール・クラッチ

「7カ月ぶりの現地観戦」 ~ “おのかな” のブレックス観戦レポート~9/14-15 プレシーズンゲーム鹿沼開催@TKCいちごアリーナ

新型コロナウィルス感染症拡大の影響が影を落とす中、Bリーグが2020-21シーズン開幕へ向けて始動しました。今回は鹿沼のTKCいちごアリーナで開催となったプレシーズンゲーム(秋田ノーザンハピネッツ戦、仙台89ERS戦)を観戦しました。新型コロナウィルス感染への懸念が否めない中、チームも手探り状態での運営だと感じました。あまりアリーナ内をうろつくことはできないので気付いた範囲ではありますが、会場での感染防止策の様子を交えながらのレポートをしたいと思います。会場の様子が気になっているみなさんの参考になればいいなぁ。(文・写真/おのかな)

 

TKCいちごアリーナで行われるブレックスのホームゲームは3年ぶりとのことで、最後に行われたのは2017年の三遠ネオフェニックス戦。引退していた渡邉裕規選手が電撃復帰してベンチ入りした、最初の試合でした。ブレックスのジャージを着た渡邉選手が、ファンの温かい拍手に迎えらえて照れくさそうに応えた姿は今でも記憶に残っています。

今回の対戦相手でブレックスにゆかりがあるのは、秋田だとBリーグ優勝時に在籍していた古川孝敏選手、2013-14シーズンまでTGIDライズに所属していた細谷将司選手。そして、仙台にはJBL優勝時に在籍していた片岡大晴選手がいます。また、会場のアナウンスで知ったのですが、仙台の渡辺翔太選手はブレックスユース出身なんだそうです! ブレックスのユニフォームに袖を通した姿をいつの日か観れたらいいなと思いました。

(残り 3066文字/全文: 3703文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ