バスケットボール・クラッチ

「我慢して勝ち切ることができた2連戦」~ “おのかな” のブレックス観戦レポート~3/20、21横浜ビー・コルセアーズ戦@ブレックスアリーナ宇都宮

 

天皇杯のファイナルラウンドは悔しい準優勝で終わりました。そして、中断していたリーグ戦が再開しました。対戦相手は、東地区8位の横浜ビー・コルセアーズです。昨シーズンは新型コロナウイルスの影響で試合が中止となってしまったため、2シーズンぶりの対戦です。(文・写真/ブレックスファン・おのかな)

 

横浜、竹田謙選手の引退発表

試合の前日(3月19日)に、横浜から竹田謙選手が2020-21シーズンをもって現役引退をすることが発表されました。チーム公式からは「7年ぶり2度目!」といういじりを受けていました()。その7年前、2013-14シーズン限りで引退を表明したときに所属していたのはブレックス。私がブレックス観戦を始めた年でした。

ブレックスを知ったのは仕事でだったのですが、当時の上司が「ブレックスには竹田謙という選手がいて、『いぶし銀』という言葉がぴったりのプレーをする選手なんだよ」といつも言っていたことを思い出します。チームが速攻を出したときに、当時入団2年目の遠藤祐亮選手をものすごい勢いで抜き去って先頭に立ってゴール下まで走り込んでいた姿は今も忘れません。

引退した翌シーズンにブレックスアンバサダーに就任され、ツアーバスにファンと一緒に乗って、とどろきアリーナまでガイドしてくださるなど、ファンサービスにも熱心に取り組まれていました。(そのツアーバスには、私も乗っていました 笑)

(残り 3532文字/全文: 4135文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ