バスケットボール・クラッチ

「半年ぶりのアリーナ観戦」~ “おのかな” のブレックス観戦レポート~11/10大阪エヴェッサ戦@ブレックスアリーナ宇都宮

2021-22シーズンが開幕して1ヶ月。なかなかタイミングが合わず、アリーナ観戦は今シーズン初です。会う人会う人に「あれ?すごい久しぶりに会った気がするよ?」と声を掛けられましたが、何となくいつもいると思われているようですね()

ブレックスファンもとうとう9シーズンとなりました。チームは外国籍や帰化選手が入れ替わり、再構築される新しいチームにワクワクしています。(文・写真/ブレックスファン・おのかな)

 

西と東の“兄弟対決”

今回の対戦相手は、西地区で現在8位の大阪エヴェッサです。大阪戦はなぜかアウェー戦が多く、昨シーズンの天皇杯予選はありましたが、リーグ戦をブレアリで戦ったのは2019-20シーズンのみなんですよね。これまでの対戦は苦戦を強いられた印象しかなく、リーグ戦の成績と相性は違うんだなと思う相手です。

特に、昨シーズンから大阪に加入したニュービル選手は、その前のシーズン、オーストラリアのNBLで最優秀守備選手賞を受賞した選手で、3P(ポイント)の上手さで話題になりがちですが、ディフェンスもすごい選手。ポジション的に、比江島慎選手や遠藤祐亮選手とのマッチアップが楽しみ。

また、名古屋ダイヤモンドドルフィンズから移籍した木下選手は、ルーキーだった2019-20シーズンに対戦してスピードで引っかき回された印象の選手。名古屋ではなかなかプレータイムを獲得できませんでしたが、今シーズンはコートに立つ時間も長くなりつつあるので、彼のスピードは要注意です。

そして、今シーズンの補強で話題となった竹内譲次選手。竹内公輔選手との“兄弟対決”は毎回楽しみのひとつ。譲次選手の大阪加入で地区が変わり対戦が減ってしまったので、ブレアリで観れる今シーズン最初で最後の対決です♪

(残り 2650文字/全文: 3392文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ