バスケットボール・クラッチ

竹内公輔「“その先”のモチベーションとは」(インタビュー・コラム)

 

2016年の夏にブレックスに加入した竹内公輔選手。初めての取材で語ったある言葉がずっと頭の片隅に残っていて、一度きちんと聞いてみたいなと思っていました。今回、あらためて今の心境を聞くことができてスッキリしたのと同時に、今後の活躍にますます期待が膨らみました。(文・写真/藤井洋子)

 

竹内公輔は「バランサー」

仲間がプレーしやすいようにスペースを取ったり、リバウンドを取ったり、外からのシュートを決めるなど、チームに必要なプレーを淡々と実践する竹内公輔を、安齋竜三HC(ヘッドコーチ)は「バランサー」と表現する。元々、ブレックスに来る前までの竹内は、外からのシュートもたくさん決めていた。

しかしブレックスにはライアン・ロシター、ジェフ・ギブスというオールラウンダーの2人の外国籍選手がいて、彼らは外からもプレーする選手だったため、「自分はできるだけ中でプレーするように、いつの間にかシフトチェンジしていった」という。

ところが、この2人が抜けた今シーズンのブレックスは、スペースを広く取るバスケットに変わり、竹内が外にいることが各段に多くなった。そうしたこともあり、「しっかりノーマークのシュートを決められるように、シュート練習をたくさんしています」と話す。

どうやら、今シーズンは竹内のシュートシーンがたくさん見られそうだ。

 

(残り 4124文字/全文: 4700文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
前の記事 »

ページ先頭へ