【サッカー人気2位】Jリーグを追い続けてきたジャーナリスト…

川本梅花 フットボールタクティクス

【会員限定】甲府の監督は吉田達磨だったかもしれない

フットボールロングコラム【フレームの外の景色】第2話

フットボールロングコラム【フレームの外の景色】第2話

佐久間悟が語った吉田達磨を監督にする案

9月27日にアルビレックス新潟は、監督である吉田達磨の退任を発表した。この知らせを聞いて、私はヴァンフォーレ甲府でGMも兼ねる佐久間悟監督の発言を思い出した。

「吉田達磨に監督のオファーをしようと考えていたんです」。

数カ月前、甲府の練習場で佐久間に取材をした時、2016年シーズンの監督に吉田を招こうとしていたことを話してくれた。今季はJリーグの開幕が早く、監督としてチームを構築する時間が限られているため招聘(しょうへい)を断念したと理由を述べた。

(残り 2248文字/全文: 2518文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ