『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

川本梅花 フットボールタクティクス

【警告の代弁】第2回:「プレジャンプ」と「技量による失点」を問う 西川周作(浦和レッズ)

試合分析【警告の代弁】第2回 川本梅花の問いに山野陽嗣が答える
「プレジャンプ」と「技量による失点」を問う 西川周作(浦和レッズ)

【警告の代弁】第2回:「プレジャンプ」と「技量による失点」を問う 西川周作(浦和レッズ)

10月6日(木)に行われたロシアW杯アジア最終予選・第3節で、グループBの日本代表はイラク代表と対戦。日本が前半26分に原口元気のゴールで先制するも、後半15分になってFKから同点に追い付かれる。しかし、試合終了間際に途中出場の山口蛍の右足から劇的な決勝ゴールが生まれた。2-1で勝利を収めた日本代表は、苦しみながらも勝点3を獲得する。

今回は山野陽嗣に、浦和レッズの守護神であり日本代表の正GKの座をつかんだ西川周作について、イラク戦でのプレーを中心に語ってもらった。

「プレジャンプ」はどうして起こるのか?

――日本代表が失点を喫した場面を振り返ってもらいたい。イラク代表FWサード・アブドゥルアミールがヘディングでゴールを決めたシーンですが、西川周作選手が「プレジャンプ」をしてからボールに反応しています。普段からGKのプレジャンプに関して問題提起をしている山野くんは、西川選手のプレジャンプのプレーに関して、どう見ていますか?

山野 Jリーグや日本代表の試合を通して、去年からずっと西川選手のプレーを見ています。問題だと思われたプレジャンプのシーンですが、おそらく無意識にプレジャンプをしてしまうのでしょう。イラク戦ではそんなに大きなプレジャンプではなかったですけど、大きなプレジャンプをするクセがあります。それには本人も気付いていて、かなりプレジャンプを抑えるようなプレーをしている。それは、Jリーグを見ても感じています。

――どんなところで「プレジャンプを抑えるようにしてきた」と感じたのですか?

山野 FKを蹴られる前に、細かくダッシュをすることによってプレジャンプ自体を抑えようとした動作が見られました。相手にシュートを打たれる前に、同一視野でドリブルをしてきたとします。そこでシュートを打たれた。以前は、その時に大きくプレジャンプしていました。最近のプレーでは、そうした動作はあまりしなくなった。イラク戦でのプレジャンプですが、それ自体は大きくなかった。ただ、イラク戦の失点場面と同じようなプレーが去年の横浜F・マリノス戦で見られました。

――それはどんなプレーだったんですか?

山野 0-4で浦和レッズが負けた試合です。CKからヘッドで決められたシーンがありました(※1)。ハイボールが飛んできますよね。西川選手は最初から前目のポジショニングをとっていたんですよ。しかし、やはりボールには届かないと判断した(※2)。それで下がった。その後にプレジャンプが起こりました。

――イラク戦における失点場面は、そのリプレーですね。

山野 西川選手も通常のプレーでは気を付けていることが分かります。相手が前からドリブルしてきた場合は、同一視野に入れ、意識してプレジャンプをしないようにしている。問題はFKやCKの場面なんです。マリノスの試合はCKからでしたが、ボールを蹴られてから、かなり前の位置から下がったんです(※2)。その後に大きなプレジャンプをしている。

――いったん前に出て下がるプレーは問題ないのですか?

山野 「前に出てから下がる」プレー自体は、GKがしばしば行うプレーです。ハイボールの処理を狙って前に出たが、無理だと判断したら切り替えて後ろに下がり、シュートに備えることはしばしば起きます。まあ、ワンテンポ遅れてしまうので「ない方がいい」のですが。ただ、そうした一連のプレーの中でプレジャンプをしていることが、より大きな問題なのです。

――まず、プレースキックの際にGKがすべき、正しいプレーを教えてください。

山野 FKやCKの場合、蹴られたボールの軌道が速いので、一歩前に出てから下がるということはある。GKの理想的なポジションとして、FKで前に出られないと判断したら、ゴールライン上まで戻って次への対応の準備をする。なぜなら、味方の選手と相手の選手が競り合う位置と、GKが構えている位置の距離が生まれることが重要だからです。ボールと自分との距離をある程度作れれば、それだけボールに対して反応できる時間を作れることになります。

――それを踏まえて西川選手の課題は?

山野 いま話したことは西川選手もじゅうぶんに理解していて、ボールとの距離を作りたいんですけど、1回前に出ようとした動作が入ることで、すぐにゴールライン上まで戻れないんです。ゴールは瞬間に決まる出来事なので、ワンテンポ遅れることでクリアできない場面ができてしまう。しかもその後にプレジャンプをしてしまうクセもあるため、さらにもうワンテンポ……。合計ツーテンポ、シュートに対する反応が遅れてしまいます。

FKやCKの場面で見られる連続したプレー。「ボールが蹴られる」「前に出る」「下がる」「プレジャンプ」「シュートに反応」そして「一瞬遅れる」。この動きが無意識に出てしまうことは問題です。最初から相手選手が視野に入っていて「ドリブルが来る」「シュートが来る」、あるいは「パスされる」「シュートを打たれる」という状況では、プレジャンプをほぼ抑えられるようになっている。しかし、ハイボールの時にクセが出てしまうんですよね。

※1 2015年8月29日、明治安田生命J1セカンドステージ第9節、横浜F・マリノス対浦和レッズ。試合は齋藤学の2ゴールなどで4-0で横浜FMが勝利を収めた。指摘の場面は4点目。後半19分、横浜FMが左CKを獲得する。キッカーは中村俊輔。左足から蹴られたクロスにファビオが頭で合わせる。強烈なヘディングシュートがネットを揺らした。

※2 山野陽嗣氏より指摘があり、初出時より表現を変更させていただきました。

注目する3つのプレーポイント

山野 西川選手のプレーを見る時に、注目するポイントを3点に置いています。

(残り 2475文字/全文: 4870文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック