『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

川本梅花 フットボールタクティクス

【警告の代弁】第3回:ゴール真ん中に蹴られたPKを止めるのは簡単なことなのか? 西川周作(浦和レッズ)

試合分析【警告の代弁】第3回 川本梅花の問いに山野陽嗣が答える
ゴール真ん中に蹴られたPKを止めるのは簡単なことなのか? 西川周作(浦和レッズ)

【警告の代弁】第3回:ゴール真ん中に蹴られたPKを止めるのは簡単なことなのか? 西川周作(浦和レッズ)

10月11日(火)、日本代表はロシアW杯アジア最終予選グループB・第4節でオーストラリア代表と対戦し、1-1で勝点1を得た。試合開始5分、本田圭佑(ACミラン)のスルーパスを原口元気(ヘルタ ベルリン)が左足でシュートを蹴り込んで、3試合連続となるゴールで先制する。先制した日本は引いて守り、ボールをオーストラリアに保持させる。後半7分、原口がFWのトミ ユリッチを背後から倒してPKをオーストラリアに与える。PKキッカーはミレ イェディナク。このキッカーは、ゴールの中央のやや上の場所にシュートを蹴り込む。過去の戦績が物語るように、W杯最終予選においてオーストラリアと4分け2敗という「分の悪さ」を露呈させた。

今回も山野陽嗣に、浦和レッズの守護神でもある西川周作がオーストラリア代表戦で見せたプレーを中心に語ってもらう。最初に、PKキッカー・イェディナクのシュートに対する西川の対処がどうだったのかを聞いた。

PKにおいて真ん中の高い位置のシュートは、ほぼ止められない

――「西川周作選手は相手キッカーより先に動くので、PKを止められない」という意見があります。確かに、西川選手の動き出しは早い方です。キッカーは西川選手が左右どちらかに先に動くので、ゴール真ん中に蹴り込めるんだ。そうした意見に対して山野くんはどう考えますか?

山野 ネットでは「西川選手が先に動くから、相手が真ん中に蹴ってくるし、動きを読まれているんだ」という論が見られますよね。「真ん中に蹴られたPKのシュートを止めるのは簡単だ」という感覚で話しているのでしょう。ユーロ2016準々決勝・ドイツ代表対イタリア代表のPKの時もそうでした。

おっしゃる通りで、西川選手は一瞬早く動くというクセがあります。しかし、相手キッカーのミレ イェディナク選手は、西川選手の動きを全く見ていないんですよ。キッカーは、そのクセを知っていて「決め打ち」しているのです。しかも高い位置に蹴っている。コースが真ん中で、あの高さのPKをGKが止めたというシーンを見たことがありますか?

――GKがデータを考慮して「このキッカーは真ん中に蹴ってくる確率が高い」と判断したならば、左右に動かずに真ん中でポジショニングするでしょうが、実際に「動かない」という場面に巡り合ったことがない。GKが真ん中のシュートを止める場面は、左右のどちらかに動いて足が残っていてクリアした場面なら、すぐに挙げられるんですけど。

山野 そうなんですよね。真ん中に蹴ったボールを止められるシーンは、GKが先に跳んだけれども、シュートの弾道が低く残していた足で止めた場面です。高い位置に蹴られた場合は、ほとんど止められないですよね。実際にイェディナク選手のシュートは、GKの胸くらいの高さでした。そうした条件で、GKが止めたというシーンは、ほとんど見たことがない。

真ん中に蹴ってくると事前に100パーセント知っているなら、どちらにも跳ばない。真ん中にずっと立っている。それならば止められると思います。しかし、真ん中に来るというデータがあったとしても、真ん中に突っ立っていられるGKはほとんどいません。

――PKの際に、どちらに跳ぶのか。それとも跳ばないのか。その判断基準を教えてください。

山野 事前の情報プラス、試合中に得られた感覚ですね。「この選手はこういうシュートを打つんだ」と肌で感じ、事前の情報から修正する場合もあります。

遠藤保仁選手(ガンバ大阪)みたいに、GKの動きを見ながらゆっくり蹴ってくる選手に対しては、最後の最後までどこにも跳ばないという駆け引きができる。GKが動かないことだけで、キッカーに迷いが生じる。そうしたキッカーとの駆け引きはまれで、実際にはGKが早く動かないと、速くて強く遠いシュートは止められない。多少早く動かないと対応するのは難しい。世界の一流GKたちを見ても、大半が蹴る前に動き出しているのは確かなことです。

実際に、レベルが高い欧州出身や南米出身のGKには、西川選手よりも早く動くGKがいくらでもいます。西川選手は、彼らと比べるとそんなに早く動くタイプではない。ですから、欧州や南米で行われる試合でも、オーストラリア戦であったような、真ん中に高く蹴られたPKをGKが全く動かないで止めたような場面を、僕はほとんど見たことがない。

日本の弱点を突いてこなかったオーストラリア

――オーストラリア戦における西川選手に対する全般的な評価は?

山野 あまり守備機会も多くなかったので、どう評価するのかは難しいんですが、全般的に良かったと思います。

――危ないシーンは、後半7分のPKの場面と、同43分にCKからフリーでマシュー スピラノビッチ選手にヘディングを打たれてバーを少し越えた場面くらいでした。

山野 予想外と言うか、日本代表が嫌がることをオーストラリアはしてこなかった。特にGKが嫌がるクロスを上げてこなかったんです。

(残り 4779文字/全文: 6864文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック