【サッカーパック人気4位】 パク・イルギュ、早ければ来週にも復帰か。「あとは監督が決めること。チー…

川本梅花 フットボールタクティクス

【会員限定】Webメディアの向かう未来 ~サッカーメディアはどこに行くのか~ 伊藤大地(Webメディア「BuzzFeed Japan」副編集長)

インタビュー【渦中の話】伊藤大地(Webメディア「BuzzFeed Japan」副編集長)
Webメディアの向かう未来 ~サッカーメディアはどこに行くのか~

Webメディア編集者として注目される伊藤大地(@daichi)へのインタビューをお届けします。伊藤は出版社出身。紙媒体を経て、その後Webメディア業界へ転身しました。Webメディア「The Huffington Post(ハフィントンポスト)日本版」の副編集長を務めていた時には、自身もライターとして、サッカー日本代表の試合をデータに基づいて分析した記事や、新国立競技場の建設問題を継続的に取材して執筆されていました。現職のWebメディア「BuzzFeed Japan(バズフィード・ジャパン)」では、副編集長として記者たちをまとめるエディターに対して指示を出す仕事を中心に、人事採用やサイト全体の方針を決める立場にあります。

「バズフィード・ジャパン」の創刊編集長が朝日新聞の記者だった古田大輔(@masurakusuo)。伊藤は副編集長として創刊編集長の古田との関係を「お互いの足りない部分を補い合う」と話します。この新興Webメディアには、業界で著名なライターが参加しています。弁護士ドットコムニュースの副編集長だった渡辺一樹(@_gl_hf)。伊藤と同じ「ハフィントンポスト日本版」から転職してきた嘉島唯(@yuuuuuiiiii)。彼女が個人的にnote(ノート)で書いた「なぜ、高知に住みたいと思えないのか」はものすごく面白かった。コラムでは、高知に移住したブロガー・イケダハヤト(@IHayato)「まだ東京で消耗してるの?」に対しての意見が綴られています。結びの「地方に行った先にあるのは、消耗ではなく消滅だろう」には笑わされました。「バズフィード・ジャパン」は、アメリカの「バズフィード」と「Yahoo! JAPAN」との合弁会社であり、「Yahoo! JAPAN」から出向しているのが、 編集者の山口亮(@d_tettu)です。

このように、Webメディア業界の有名な編集者兼ライターが集結した組織が「バズフィード・ジャパン」なのです。そこの副編集長を務める伊藤大地からいろいろとお話を聞かせてもらいました。

渦中の話】Webメディアの向かう未来 ~サッカーメディアはどこに行くのか~ 伊藤大地(Webメディア「BuzzFeed Japan」副編集長)

サッカーメディアのこれから

――Webのサッカーメディアはご覧になりますか?

伊藤 見てますよ。「SOCCER KING(サッカーキング)」や「フットボールチャンネル」などですね。

――伊藤さんから見て、Webのサッカーメディアはどんな風に映りますか?

伊藤 マニアックなものが多いな、という印象ですね。スポーツ新聞は代表戦の時は記事がいっぱい出ますが、試合の結果だけを見るならば記事を見なくても、Twitter(ツイッター)を見るくらいで十分です。誰かが結果を流していますからね。Webで何かを伝えるには、より、クラスタを横断する、趣味領域が広いものが大事なのかなと思います。紙媒体もWebメディアも、きちんと深く書かれたものが読まれるというのは変わらない。ただしネット世界の興味は、クラスタリングがされているかどうか、です。見る人の数を大きく増やそうと思ったら、クラスタを横断するようなテーマ設定が必要です。オリンピックとかディズニーとかもそうかもしれません。クラスタ内に留(とど)まる情報は、きちんと深い内容が好まれる傾向があるんですよね。

(残り 8342文字/全文: 9741文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック