【サッカー人気2位】【山雅探報】背水!松本山雅に希望はある…

川本梅花 フットボールタクティクス

【インタビュー】JFL 1st第6節・東京武蔵野シティFC戦 試合後の談話:河端和哉【無料記事】

JFL 1st第6節・東京武蔵野シティFC戦 試合後の談話:河端和哉

第19回日本フットボールリーグ ファーストステージ第6節
東京武蔵野シティFC対ラインメール青森FC
2017年4月29日(土)13:00キックオフ
http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/pdf/2017A001/2017A0010615.pdf

試合後の談話:河端和哉

――今日の試合を総括してください。

河端 前半はうちの勝ち試合でしたね。得点チャンスもありましたから。後半になって、逆にうちが風下の状況になったんです。そうなった時に、押し込まれてしまった。じゃあ、どう対処するのか? ボールをつなぐ、というサッカーはうちには難しい。チームとしてできることをもう少し整理しないとならない。2人だったり、3人だったり。自分の近くの選手でもいい。前半と状況が逆になった時に、すぐに話し合って切り替えができれば、違った状況が作れたと思うんです。そうすれば、守備をする時間が短くできたのかな、と。改善できないまま、後半の45分が過ぎて終わったという印象です。

――風の関係もあると思うんですが、相手の東京武蔵野シティも前半と違った戦い方をしてきましたよね。ミドルパスやロングパスを混ぜて、弾道の高いボールを蹴ってFWにボールを当てる。ラインメールの選手が戻り切れないので、セカンドボールも拾えない。それは、ゲーム中に改善しようとしたんですか?

河端 ベンチからも指示がありました。僕らからも声を掛け合っていったんです。「高い位置からプレスに行け!」と。相手にボールを蹴られると、うちのFWとMFの距離が間延びしてしまう。どうしても開いてしまう。それでもFWが高い位置からプレスに行くことで後ろのラインをしっかり上げよう、と。それは何回かできました。でも、相手があることなので、相手の選手がフリーでその選手にボールが渡ったなら、どうしてもうちの中盤は間延びしてしまう。ボールの処理についても、風の中ではっきり前に飛ばせなかった。やっぱり、もう少し落ち着いてプレーできるように、持っていかないとならないですね。無駄なファウルをして、相手のFKになる。何度かピンチになる場面があったんです。それに、簡単にボールを失う場面が多い。そこでの冷静さが必要なんですよね。相手も前半は風の影響で、うちにやられっぱなしで、相手のセンターバックも相当に焦りがあって、本当は不安なはずなんですよ。でも、うちもバタバタして決め切れなかった。今、できること。いったい、何ができるのか。それを考えないとならない。うちの場合、(ボールを持ったら)視界に入る選手を使って(その選手にパスを出して)、(パスを受けた選手が今度は)逆サイドにボールを振って、(タッチラインをドリブルして)サイドからクロスを入れる。そこが、今うちのできることなんです。試合中、選手はもちろん気付いていたんでしょうが、もっときちんと表現できるようにならないといけない。特に、ボールに関わる選手はね。

――前半は決定的な場面が4回はありました。ヘディングがポストをたたいたのは?

河端 酒井(大登)ですね。

――跳ね返ったボールのシュートが相手のGKの正面をつきました。もう少しで、得点が入る場面が続きましたね。

河端 うち(ラインメール)の決定機と向こう(東京武蔵野シティ)の決定機では、どっちが確率において高いのか? それは、うちだったんですよ。もちろん、向こうも後半はフリーでシュートが打っている。でも、決定機という枠の中ならば、確率的にうちの方が高かった。そこで決めるか、決めないか。試合を左右するほどの、大きな差が出るんです。

――前半に1点取っていれば、後半はあんなに焦る必要もなったんですよね。本当に、あれだけ決定機があったのに、もったいない。

河端 うちは(先制の)1点を取って、どうするのか、というチームですから。ただ、うちはチャンピオンチームでもない。JFLでシーズン前に「ラインメールは1位になれるよね」と言われているようなチームでもない。(連勝した、あるいは順位が上位だから、と言って)履き違えないようにしないとならない。今日の内容は悪かったんですが、勝点1を取っています。変にネガティブに考えることはない。次の試合(5月3日 第7節・栃木ウーヴァFC戦)まで中3日。連戦が続くんです。そうした状況の中で、大切なのはメンタルとコンディションです。特に、メンタルで変わってくると思う。普通(=次の試合まで1週間空くような日程)なら怒っている試合内容です。でもここはね、いま怒るより切り替えて次に次と持って行くほうが大切で。(若い選手に)メンタルの切り替えをさせてあげるのが、(年齢と経験が)上の選手の仕事だと思うので、そこは意識してやっています。いやほんと、今日の試合内容で、次の試合までもし1週間空くような日程なら……ブチギレてますけどね(笑)。

川本梅花

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ