【サッカーパック人気4位】 【J1第19節分析レポート】川崎フロンターレはなぜFC東京の中央を攻略…

川本梅花 フットボールタクティクス

【渦中の話】川島永嗣が日本代表の正GKである理由 山野陽嗣(元U-20ホンジュラス代表GKコーチ)

インタビュー【渦中の話】山野陽嗣(元U-20ホンジュラス代表GKコーチ)
川島永嗣が日本代表の正GKである理由

2018FIFAワールドカップロシアのアジア最終予選も、いよいよ3試合を残すことになった。日本代表は6月13日、イラク代表とアウェイのPASスタジアム(イラン)で戦う。その次は8月31日、ホームでオーストラリア代表を迎える。最後の試合は9月5日、アウェイでサウジアラビア代表との試合が待っている。

日本とサウジが勝点16で1位と2位を競り合い、3位には勝点13のオーストラリアが構える。グループリーグの上位2カ国が本大会に出場できる。もし3位になったとしたら、両グループの3位同士でプレーオフを行う。そこでの勝者は、北中米カリブ海予選の4位とホーム&アウェイで決戦を行うことになる。日程と勝点を考えれば、日本は負けられない状況にある。

アジア最終予選(Road to Russia)日程・順位表
http://www.jfa.jp/samuraiblue/worldcup2018_final_q/schedule_result/

6月8日にオーストラリアとサウジが対戦することも踏まえ、日本にとって6月13日のイラク戦は重要な一戦となる。そこで、日本のカギとなる選手は誰なのかを考えてみた。

今年になって日本代表のスターティングメンバーに変化があった。昨年11月15日に行われたサウジ戦[2○1]で日本のゴールを守っていたのは西川周作選手だったが、今年3月24日のアラブ首長国連邦(UAE)代表戦で先発起用されたのは、川島永嗣選手であった。

GKの話題は専門家に尋ねるのが、まっとうなやり方である。GKの経験もなくコーチもない評論家が、あれやこれやと言っても、全く説得力がない。Webマガジン「川本梅花 フットボールタクティクス」には、ぴったりの専門家がいる。それは、元ホンジュラスU-20のGKコーチだった山野陽嗣である。考察対象とした試合は、2017年3月24日のUAE戦と3月28日のタイ代表戦[4○0]である。では早速、話を聞くことにしよう。

川島永嗣以上のGKは日本にはいません

――ヴァイッド ハリルホジッチ監督は、UAE戦で川島選手を先発で使ってきました。それまでは、西川選手がファーストチョイスです。フランス1部リーグのFCメスに加入した川島選手は、UAE戦の時点で、今季1試合のみ出場という状況でした。

所属クラブで試合に出ていない、あるいはスタメンではない選手が代表戦で起用されるケースはあります。ACミランの本田圭佑選手やドルトムントの香川真司選手もそうでした。そう考えると、ハリルホジッチ監督は川島選手について、彼らと同列の評価をしていることになります。

そのことを踏まえ、ハリルホジッチ監督が西川選手ではなく川島選手を先発起用した理由を、どのように考えますか?

山野 理由はシンプルです。川島選手の方が、西川選手よりもGKとしての能力、総合力が上だからです。UAE戦で決定的な一対一を止めたシーンがありましたよね。この一対一の場面、川島選手と西川選手の2人を比較する象徴的なシーンになります。あの場面を見たら、川島選手を躊躇(ちゅうちょ)なくファーストチョイスにします。それはハリルホジッチ監督だけではなく、どの監督がなっても川島選手を選ぶでしょう。

いま選ばれている日本代表GKの中で、シュートを止めるためのプロセスを備えていて、そうした能力が一番高いのが川島選手です。これこそハリルホジッチ監督が川島選手を起用した理由だと思います。

――専門家の視線からすると、西川選手と川島選手では、そんなに実力の差があるんですか?

山野 誰にでも分かるように説明することは、実は、難しいです。なぜならば、GKをやったことがない人は、GKのプレーを「当たっている」「当たっていない」という見た目の印象とか、雰囲気や感覚で「良い」「悪い」を判断しがちだからです。

僕の経験と洞察力で川島選手の方が「良い」と説明したとしても、ほかの意見に聞く耳を持たない人からは「川島選手を贔屓している」という意見しか戻ってこない。それはとても悲しいことです。

川島永嗣のGKとしての優位性

山野 先ほど述べた、 UAE戦で一対一になってシュートをクリアした場面がありましたよね。

――前半20分の出来事ですね。

あの場面、日本の守備組織は完全に壊れされています。森重真人選手が前へ出て潰(つぶ)しに行ったのですが、相手にいなされる。山口蛍選手と長友佑都選手はただ見ているだけ。カバーにさえ入っていない。インサイドハーフの香川選手も今野泰幸選手も、UAEの選手に釣り出され、適正ポジションにはいない状況でした。

MFイスマイール アルハマディ選手がスルーパスを出すと、FWアリ アハメド マブフート選手がペナルティエリア内で川島選手と一対一になり、シュートを放った場面。川島選手はきっちりセーブをしました。

(残り 4932文字/全文: 6963文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック