【サッカー人気4位】新著『フットボール風土記』が求められる…

川本梅花 フットボールタクティクス

【ラインメール青森FC通信】JFL 1st第6節・東京武蔵野シティFC戦 試合後の談話:村瀬勇太

第19回日本フットボールリーグ ファーストステージ第6節
東京武蔵野シティFC対ラインメール青森FC
2017年4月29日(土)13:00キックオフ
http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/pdf/2017A001/2017A0010615.pdf

試合についての談話:村瀬勇太

――まず、FC今治戦[1●0]から話してもらえますか?

村瀬 試合展開は、相手にボールを支配されていました。だから、自分たちが守備をする時間が長くなったんです。それでもまあ、うちは、残り後半10分くらいのところで、うまくセットプレーから点を取れました。

――村瀬選手がボールを蹴って、近石(哲平)選手がヘディングで決めたんですね。そのまま、試合終了までよく逃げ切れました。

村瀬 点数を取ってから、残り時間は短かったし、まあ、何回かはピンチがあったんですけど、うまく防げました。

――第3節・ブリオベッカ浦安戦で1-0と勝利を収め、これで2連勝になりました。チームは段々と上り調子になってきたんですかね。

村瀬 んん、まあ、開幕戦のHonda FC戦に比べれば。徐々にですけど、良くなってるんじゃないかな。

――去年より大幅な選手の入れ替えがあって、チームが全体的に変わった感じなんですか?

村瀬 そうですね、去年よりはある程度のレベルの選手が入ったということもありますけど、個人のレベルが去年よりは上がったのは確かです。

――試合の後、監督はどんな話をしたんですか?

村瀬 試合に勝ったことは、取りあえず「ヨシ」ということでした。その中でも修正点がいくつかあったので、修正していこう、と。試合に勝った時に修正するのはポジティブに捉えて変えられることだから、そこはしっかりチームで話し合って修正していこう、と話していましたね。

――修正しないとならない部分はどこですか?

村瀬 やっぱりディフェンスの部分ですかね。どのタイミングでスイッチを入れて、どこでラインをできるだけ上げるのか。そういう部分です。

――去年までラインメールと一緒にプレーしていた三田(尚希)選手が、試合に出ていましたよね。彼のプレーはどうでした。やりにくかったですか?

村瀬 試合前にちょっと話をしたんです。そんな話をする時間もなかったんで。まあ、元気そうでした。今治は、規則っていうか、ルールっていうのが結構あるみたいなんです。三田の良さっていうか……。それが消えていた、っていうのはありました。

――NHK杯準決勝・八戸学院大学戦ですが、2-2で延長戦になって最後はPK戦でやっと勝った試合でした。村瀬選手は、後半になってベンチに下がったんですよね。

村瀬 今治戦で、ちょっと足を痛めていたんです。試合も勝っていたし、大事を取って代えてもらったんです。

――そうしたら、村瀬選手が交代してから同点にされた。試合に出ているメンバーも、試合で使われていない選手が出ましたね。

村瀬 いつもと2、3人替わっていました。最初から、スタートした時点からメンバーが替わっていた状況だったんです。自分が代わる前は2-0でした。自分の出番が終わって、ゲームの流れっていうか、相手にPKを与えてしまった。1点入れられて、それから大学生も勢いが良くなったんです。その流れを、勢いを、変えられる選手がピッチにはいなくて。そのままズルズルと流されて、2点目を取られてしまった。ベンチから試合を見ていて、チームとしてこういう時はどうしようという判断ができないなと思いました。チームとしてね。

――試合後のミーティングで監督は怒っていたんですか?

村瀬 まあ「PKまで行ったけど、勝ったので良かった」と。それくらいですかね。僕からすれば、そんなに怒ってはいなかったように見えました。

――メンバーも昨年からガラッと替わったんですよね。選手の質も上がったけれども、ラインメールのやり方に慣れない感じなんですか?

村瀬 個人のレベルは上がったんですけど、チームとして、戦術を落とし込んではいるんですけど、選手個人のレベルとして、頭では理解しているけど、体の部分はまだ動いていない、という場面は多々ありましたね。

――チームとして、ラインメールの戦い方を理解してもらうには、まだまだ時間が掛かりそうですね。

川本梅花

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック