【サッカー人気3位】どうした?浦和のエース興梠慎三【こぼれ…

川本梅花 フットボールタクティクス

【渦中の話】バイエルンの独り旅はこれからも続くのか 中野吉之伴(FCアウゲンU15監督)

インタビュー【渦中の話】中野吉之伴(FCアウゲンU15監督)
2016-2017シーズン ブンデスリーガ総括
バイエルンの独り旅はこれからも続くのか

今季(2016-2017)のブンデスリーガは、またしてもバイエルン・ミュンヘンの圧勝で幕を閉じた。バイエルンの勝点82に対して2位のRBライプツィヒは67。つまり、勝点差は15もあったのだ。バイエルンのリーグ優勝は、2012-2013シーズンから数えて5連覇となる。ジョゼップ グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)を引き継いだカルロ アンチェロッティは、チームをまとめてリーグ優勝を勝ち取ったが、ドイツ杯をボルシア・ドルトムントに奪われ、UEFAチャンピオンズリーグでは準々決勝でレアル・マドリーに敗れ去った。リーグ優勝の1冠しか成し得なかったため、シーズンを通しての評価は分かれるが、リーグでは全くの独り旅だったため、選手層の厚さを鑑みても、来季の優勝に一番近いクラブなのだろう。

しかし、ブンデスリーガには、今後楽しみな側面がある。例えば、今季4位のホッフェンハイムの監督である29歳のユリアン ナーゲルスマンのように、才能豊かな指導者が活躍してきている。ナーゲルスマンに大きな影響を与えたドルトムントのトーマス トゥヘルやRBライプツィヒのラルフ ハーゼンヒュットルなどは、「戦術家」として名を上げている。

そのようなブンデスリーガの今季を語るのに最適な人物がいる。ドイツ在住のサッカー指導者の中野吉之伴(@kichinosuken)だ。中野は、現在フライブルグに住んでいる。ドイツに渡って16年になる。ドイツサッカー協会A級ライセンス(UEFA-Aレベル)を取得。今季は、FCアウゲンU15の監督(U15-4部リーグ)を務めた。

中野が注目するクラブは、先に述べたナーゲルスマンが指揮を執るホッフェンハイムだ。若き指揮官・ナーゲルスマンの歩みを簡単に紹介しよう。

1987年7月23日、ナーゲルスマンは、バイエルン州ランツベルク・アム・レヒに生まれる。彼はケガに悩まされ、20歳で現役引退を決意する。アウクスブルクのセカンドチームで選手生活を終えた彼は、当時、同クラブのセカンドチームの監督だったトーマス トゥヘルの下で対戦相手のスカウティングを受け持つ。これが、サッカー指導者としての第一歩となる。ナーゲルスマンは、「トゥヘル氏は、僕のキャリア選択に大きな影響を与えた」と話す。1860ミュンヘンのU-17の監督を務めた後、ホッフェンハイムの育成部門に関わり、U-19の監督に就く。そして、2016年2月11日、ナーゲルスマンはブンデスリーガ史上最年少としてトップチームの監督に就任したのである。

グアルディオラとアンチェロッティの違い

――今季のブンデスリーガで注目したクラブはどこですか?

中野 今季、ブンデスのチームを見ていて一番面白かったのは、ホッフェンハイムです。今季は4位ですね。あとは、2位のRBライプツィヒ。3位のボルシア・ドルトムントは、監督がイメージしているサッカーの戦い方がピッチ上にうまく表現されています。この3チームに共通して言えることは、「どういうサッカーがやりたいのか」をチームに落とし込めている点です。その中で、非常に印象深かったのが、チーム作りから戦い方まで統一感を持ったホッフェンハイムですね。

――「非常に印象深かったチーム作り」とは具体的にどういったことを指しますか?

(残り 6201文字/全文: 7622文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック