【サッカー人気2位】ブラウブリッツ無敗優勝に「オシムの一番…

川本梅花 フットボールタクティクス

【決定的な1分間】柴崎岳はどこまでフィットしたのか-ヘタフェCF対FCバルセロナ(前編)

【決定的な1分間】柴崎岳はどこまでフィットしたのか-ヘタフェCF対FCバルセロナ(前編)

分析対象試合
2017年9月16日 リーガ・エスパニョーラ第4節 ヘタフェCF 1-2 FCバルセロナ

得点者
ヘタフェ:柴崎岳(39分)
バルセロナ:デニス スアレス(61分)、パウリーニョ(84分)

ヘタフェCFは9月16日、FCバルセロナをホームのコリセウム・アルフォンソ ペレスに迎えた。注目するのは、先発出場したヘタフェMF柴崎岳選手のプレーだ。39分、ペナルティエリア手前に戻されたボールを、柴崎選手は左足のダイレクトボレーでゴールを決めた。第1節のアスレティック・ビルバオ戦から4試合連続スタメンで出場していた柴崎選手。しかし、負傷により、53分にベンチへ下がることになる。この負傷に関して、ヘタフェのアンヘル トーレス会長は、ラジオ局オンダセロの番組「エル・トランシストール」で次のように語った。

Ángel Torres: “Es como si yo pido que se juegue sin tacos porque Gaku va a estar mes y medio fuera por un pisotón de un jugador del Barça”

アンヘル トーレスいわく「まるで選手らにシューズなしでプレーさせるような状態になっている。なぜなら、バルサの選手が踏みつけたことでガクは1カ月半チームを離れることになりそうだからだ」

バルサ戦にて豪快で美しいゴールを決めた柴崎選手だったが、負傷によって1カ月半の離脱を余儀なくされそうだ。とても残念だ。なぜなら、相当にチームにフィットしていたと見られるからである。今回の「決定的な1分間」では、前編として柴崎選手がどのようにチームにフィットしているのかを検証する。

なお、後編では、今季のバルサの戦い方と戦力分析を行う。スペインのバルセロナに住んでいる堀江哲弘(@tetsuhorie)を語り部に迎え、柴崎選手のプレーとバルサの戦い方が、どのように映ったのかをうかがった。

あのゴールが生まれた背景に「環境」の変化

――バルサ戦における柴崎岳選手のプレーはどう映りましたか? あのゴールをまずは語らないと。すごかったですね。

堀江 ゴールには、ホントびっくりしました。あのシュートシーンと似ている場面があるんです。かなり有名なシーンです。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でジネディーヌ ジダン選手がボレーを決めた場面がありました。ジダン選手は止まっていてボールを蹴ったのですが、柴崎選手は走り込みながらボールを蹴ったので、あれこそスーパーゴールと呼べますね。まあ、やっぱり環境なんだなと思いますよ。

――フランス代表として活躍したジダン氏が、レアル・マドリー時代の2002年、CL決勝のレバークーゼン戦で魅せた伝説のボレーシュートですね。ところで「やっぱり環境なんだな」というのは?

(残り 2021文字/全文: 3159文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック